こんにちは、先日、春分の日を迎えて桜の開花の時期がやってまいりました。先日、このような報道がニュースで報じられました。「脊髄損傷の治療に光明 自分の細胞で神経再生、札幌医大の幹細胞治療」

脊髄損傷で四肢に麻痺が生じた方には、まさに光明と言える記事です。臓器でも神経細胞にも自在に変化する幹細胞と呼ばれる細胞を患者さんの骨髄から採取し、培養。一万倍に増殖させた幹細胞を注射することで、損傷した神経細胞に著しい回復をもたらす、という内容でした。すでに保険適用が始まっています。
まだ怪我をしたばかりの急性期の患者さんにしか使用できず、また医療費も現在実費で1500万円と高額になっています。

今後、研究が進んでいき、価格も安価になって誰でも気軽に受けられるような治療法になればよいですね。ノーベル賞受賞者である山中教授のIPS細胞なども進化していますし、科学の発達により障がいのある方にとっては、いま新たな時代を迎えつつあるのかもしれません。

randoseruIMG_0500_TP_V