コロナが終息したら京都にいきたい

四季折々で風情があって一番好きなところです。京都って修学旅行とかで行く地域もあるようですが、
神戸出身の私の感覚としては、遠足です。高校時代の遠足では、嵐山に現地集合、現地解散でした。

目次

京とれいん雅洛


利用交通機関は、阪急電車 特急で梅田にでて京都線に乗り換え、桂で嵐山線に乗り換えです。

阪急電車では 梅田から京都河原町の間に、「京とれいん雅洛」(きょうとれいんがらく)
という観光特急が1日4往復運行されています。
「京とれいん雅洛」は、観光特急なのですが、普通料金で乗れます。

京阪大津線

名古屋方面から京都に行く場合、大津で車を駐車場にいれて、京阪電車で浜大津から行くのが良いと
思います。
特に春と秋は、渋滞と空駐車場が見つからず、1日車の中なんてことになりかねません。

1日乗車券

京都の中を回るのは、1日乗車券を使うのが便利です。
乗車回数に関係なく、何回でもバスや地下鉄に乗れますし、小銭を用意しなくて良いのです。
京都交通局、鉄道会社から、いろいろとフリーきっぷが販売されています。
春秋の期間限定のものもあるようなので、迷うところです。

お寺や、神社を回るのも良いのですが、町中をぶらぶらと、するのも良いかと思います。
徒歩だと普段、車とか、電車で移動していると、見逃してしまう新しい発見があるかもです。

クリックすると京都市交通局のページが表示されます

京町屋

時間があれば、京町家で「おばんざい」を頂くのもよいです。
京都といえば、ちょっと豪華な食事みたいなイメージですが、
ごく普通の、普段食べているようなものを、町家で出してくれるところもあります。
本当に普通の町家で、お店の構えではないので事前に場所を確認して置かないと、
たどり着けないかもです。

京都というと、古都というイメージですが、京都の人は、新しいものが結構好きなようです。
江戸時代までは、最先端の文化、流行発信をしていたところなのでそれもうなずけるところです。 
日本各地に小京都と言われるところがあるように、憧れの街だったのですね。
私にとっても憧れの街です。「四条烏丸 西入」とかで 郵便物を受け取ってみたいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる