現在、利用者さん募集中! お気軽にお問い合わせください。

TIPS#1 筆書き風イラストを簡単に作ってみる

皆さん、こんにちは。
Adobe Illustrator 使っていますか?
ハートフル・ステイションは、PCの仕事もできる事業所です。
業界標準であるAdobeのCreativeCloudも完備しておりまして、
デザインの仕事にも重宝しています。

あと2か月ほどで、2023年は終わってしまうのですが、
年末にやる事に年賀状作成がありますね。
今回は、Illustratorを使って年賀状作成に役立つTIPSを紹介したいと思います。

☆ブラシツールを使用して筆書きのようなイラストを作成する

Illustratorには、筆や木炭のようなストロークを表現するブラシが多数あります。
これを“線“に適応することでアートライクな絵を簡単に作成することができます。
では、早速やってみましょう。

1.トレースする素材を準備する

2024年は辰年ということで、参考にするためにフリー素材の龍のイラストを入手しました。(イラストACより)

2.線を描く

筆書き風ということで、ブラシのタッチを活かして胴体は一本の太い線でスーッと描いたり、
細い線で輪郭をなぞったりと、仕上がりをイメージして線を引いていきます。
(赤い線がトレースしたものです)

3.トレースした線のみ表示しました。結構雑でも大丈夫!!

4.ブラシツールでブラシを適応します

ポイントは
・線の太さを考慮する
・色の濃淡を分ける
・ブラシの種類を複数使って画にメリハリを出す
です。

ブラシを適応してみました。

5.仕上げです。

2パターン作成してみました。

いかがでしたでしょうか?
今回は模擬的に筆書き風の素材を作成してみました。
イラストが苦手でも、Illustratorの機能を利用すれば、できることも増えますね。

みなさんも是非、オリジナルの年賀状作成にチャレンジしてみてはいかがですか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次